医療機器設備

CT撮影装置

これまで全く症状がなく見つかった古い脳梗塞の跡や、頭部を打撲された際の骨折や脳出血の有無、頭痛の原因となる脳の病気の有無などの診断が行えます。頭部以外の胸部や腹部の診断も行えます。

超音波診断装置

頚部の超音波検査では、頚の動脈の血管の壁の厚さを測ることと、頚の動脈の中を血液が流れる速度を測ることが重要になります。これらを測ることは動脈硬化の有無や脳卒中の危険があるかどうかの診断に役立ちます。体への負担が小さい超音波検査で脳卒中予防の評価が行えます。

レントゲン撮影装置

立った状態または横になった状態のどちらでの撮影にも対応しております。区民健診や風邪の診断では肺の病気の有無を、頭の怪我では頭蓋骨骨折の有無の診断が行えます。